金トレ塾 第03回 【あなたにだけ理解できる日本の問題点】

金トレ塾 第03回 【あなたにだけ理解できる日本の問題点】

 

こんにちは、金トレ塾のFUKUです。
今回、皆さんにお伝えする内容は、日本が抱える問題点の中で最も重要でであり、このポイントを改善するだけで大半の問題が解決する内容となります。
ではその内容とは、「ファイナンシャルリテラシーの低さ」についてです。
今回の内容は敢えて、詳細の解説・言葉の意味を説明しません。
内容が理解できる方からすれば、当たり前の事を当たり前に話しているだけの動画となります。

 

内容が理解できない方へ。
まずはこの内容が理解できない事実を認識して下さい。
そして理解できない現状を、「把握」出来たことに価値を見いだして下さい。
では、内容に入ります。

 

日本はプライマリーバランスを合わせる為に様々な政策を行っています。
実際に内閣府のホームページにも記載が有りますが、日本の歳出・歳入の変化をご存知の方はどれ位いらっしゃるでしょうか?
例年の数値を見て頂ければ分かる事ですが、今後も歳入が大きくなる傾向にあると考えます。
今年の1月から出国税が施行されましたが、ここまで来ると、当時都市伝説的な税金案と言われた全てが現実味を帯びてきます。
もちろん単純な税金関係だけではなく、アベノミクスの醍醐味であるマネタリーベースの増加も目まぐるしいです。
実際、市場流通の紙幣量は25~30%増し程度ですが、日銀当座預金高は深刻です。
2013年3月から現在で考えてみると、約10倍程度になっています。
これほどの準備金がこの先市場に流れていく。
未来系なので断定的な事は言えませんが、少なくともインフレ傾向は留まることなく進行すると予想されます。
結果的にプライマリーバランスは整うものの、直接的にしわ寄せを受けるのは間違いなく我々国民です。

 

どうでしょうか?
この内容をあなたは理解出来ましたか?
また近年、日本は最低賃金の底上げを図っています。
ただその言葉だけを切り取れば、働き手にとってあたかもプラスになる様な表現をしていますが、日本経済を理解している人からすれば、プラスどころかマイナスに働くことを理解しています。

 

さてこの事実に対して、あなたは対策出来ていますか?
もちろん私は対策済です。
この内容が理解出来れば、何をすべきか必然的に分かります。
そして、その対策が特に難しい訳でも有りません。

 

では一体何が問題なのでしょうか?
それは問題が何かも分からない、「ファイナンシャルリテラシーの低さ」にあります。
ただ、これは皆さんに責任がある訳ではなく、日本にその様な教育が無いこと自体が問題なのです。
ただあなたは金トレ塾に出会い、学べる機会・学べる動機を持ったはずです。
日本経済の実態を知ってしまったあなたへ、金トレ塾という恵まれた環境を活かすも殺すもあなた次第です。

 

本日の動画は以上になります。
皆さんの資産を守り、増やせる話をしていきますので、チャンネル登録も宜しくお願いします。
それでは、また次回の動画も楽しみにしていて下さい。