将来のライフプランが未計画だと要注意!

この先の人生をどう生きるか、きちんと考えている人もいますが、成り行き任せでいいかと思っている人も少なくはないでしょう。
しかし、自分の将来に向けたライフプランが未計画のままだと、思わぬトラブルが生じたり、将来的に不自由したりするかもしれません。
ここでは、ライフプランの重要性について、考えてみましょう。

ライフプランはなぜ大切なのか?

現在、問題なく過ごせているのだから将来的にも心配しなくていい、と考えている人もいますが、この先いつまでも今と同じように過ごせるとは限らないでしょう。
事情が変わった時にも問題なく過ごせるようにするには、ライフプランの設計が重要となるのです。

 

ライフプランの中でも特に重要となるのが、将来に向けた資金です。
その中でも、マイホームやこの先の家賃となる住宅費用と、子どもを育てて学校に通わせていくための養育費、そして老後に生活するための老後資金は、人生の三大資金ともいわれています。

 

それ以外にも、就職や結婚、子どもの出産、そして定年など、人生の転機となるライフイベントは数多く存在します。
そのような節目には、少なくない費用がかかることも考えなくてはいけません。
そんなまとまった金額を、その場で用意できるでしょうか?

 

そのため、様々なライフイベントが発生したときに困ることがないように、あらかじめライフプランを設計しておかなくてはいけないのです。
ライフプランは、人生の先行きを予測するということなので、失敗しないだけではなく成功を収めてお金持ちとなりたい場合にも欠かせないものといえます。

 

ライフプランを立てることには、いくつかのメリットもあります。
例えば、今の給料から必要な支出、そして将来に向けて必要な資金を計算することで、今いくら使えるのかがはっきりとわかります。
また、将来に向けて、いくらくらいの資金が必要となるのかも計算できます。
そうなると、自分が定年を迎えるまでにどれだけの貯金を作ればいいのかが明確になるでしょう。

 

このことさえ分かっていれば、毎月の細かいお金の動きは気にしなくてもよくなります。
きちんとした備えがあるとわかっていれば、急な病気でも慌てる必要がなくなるので、慌てることもないでしょう。

 

また、将来に向けていまのペースでお金が足りるのかどうか、ということも判断できます。
お金が足りないということがはっきりすれば、早いうちから対処することができるので、無理にお金を増やそうと思わなくてもよくなるでしょう。

 

必要な資産形成の方法

それでは、必要となる資産を形成するための方法を考えてみましょう。
例えば、計算上どうしても毎月10万円の貯金がしたいけれど、どうあがいても8万円ずつしか貯金できなさそうなときは、残りの2万円をどこからか得なければいけません。
逆に言うと、毎月2万円ずつ収入をふやすことができればどうにかなるのです。

 

とはいえ、今すぐ毎月2万円稼ぐことができるようになる必要もないのです。
30年後に向けて毎月2万円ずつ収入を増やしたいのであれば、準備に10年かけて後は毎月3万円ずつ収入を増やせば、同じこととなるでしょう。

 

大切なのは、いつまでにいくら必要なのか、という点をはっきりさせることです。
老後資金であれば、自分が定年を迎えるまでに貯めておけばいいのでしょうが、子どもの進学に必要な資金であればそうはいきません。
もっと早い段階で貯めておく必要があります。

 

収入を増やすために、アパート経営などを始める人もいるでしょう。
ライフプランがあれば、最初は大きな金額が必要となりますが、その初期投資と毎月の収入見込み、そして途中で発生する経費などを考えて、必要なタイミングまでに十分な利益を得られるのかどうかを判断することができます。

 

より簡単に収入を増やすことを目指すなら、投資を始めるという方法もあります。
株価をメインに考えると、将来的な株価がどうなるのかの判断が難しいのですが、配当金や株主優待などをメインとして考えるのであれば、ある程度安定したリターンを計算できます。

 

ただし、投資なので確実にプラスとなるわけではありません。
しっかりと勉強してから始めればプラスになる可能性は高くなりますが、絶対ということはないのでその点を踏まえて考えましょう。

 

より確実な方法としては、現在の支出を見直すことです。
例えば、無駄な支出があるようであれば、その点を削ることを考えましょう。
特に多いのが、不必要なほど保険料が高い保険に、勧められるまま加入してしまっている場合などです。
不必要であれば、解約も考えておきましょう。

 

また、様々な税制優遇措置があるので、その点を考え直して利用できるものがないかを探してみましょう。
特に自営業や、個人事業主の場合は期待が持てるでしょう。

 

最後に、お金を用途別に分ける際、なるべく細かく使い道を考えてしまうことです。
先に必要なものを考えておくと、イレギュラーな出費がほとんどなくなるので、無駄のない計画を立ててその通りに収支をまとめることができるでしょう。

 

ライフプランを設計することで、このように効率よく将来に備えることができます。

 

まとめ

将来の自分の生活を考えて、ライフプランを立てておくことは非常に重要です。
ある程度のライフプランが定まっていないと、将来の生活は行き当たりばったりとなりかねず、様々な苦労も生じるかもしれません。
ライフプランを設計しておくと、将来に必要な資金からお金を貯めるペースが逆算できるので、今の生活も無理に節約する必要などがなくなります。
一度、自分の将来の生活について、考えてみましょう。