金トレ塾 セミナーに潜入、突撃レポート!

 

堅実に賢く資産を作りましょ〜

金トレ塾とは、、
「金融トレーニング塾」、略して「金トレ」!

 

その「金トレ塾」のセミナーに参加してきました。

 

約2時間のセミナーを聞きましたが、講師の方は、冗談を挟みながらも、とても分かりやすく説明をしてくれましたので、飽きるどころか、徐々に前のめりになり聞き入ることが出来ました。

 

などほど〜、これ、少しでも興味のある人は、必ず聞いた方が良い内容です。
日本の現状、日本の政策を分かりやすく説明してくれますが、その説明を聞けば、これから自分達がどのように、どの方向に行動をすれば良いのかが、わかってきます。

 

国の政策がわかれば、自分たちは、国の政策に乗って行動をするべきなのですが、国の政策を理解していないと、どのように行動すれば良いのかが、わかりません。
国の政策という、どこで勉強したら良いのかわからない内容を元に、どのように行動すれば良いのかを教えてくれるのが、金トレ塾のセミナーでした!

 

動画の意味が理解できるようになっていた!

セミナーに参加する前に見て、意味が分からなかったこの動画、セミナー後に見直してみたら、意味が理解できるようになっていました!
自分の金融リテラシー、上がっているじゃないですか!

 

金トレ塾 第03回 【あなたにだけ理解できる日本の問題点】

 

後半では、知っているか知らないかで大きな差という内容でした!

これも、なるほどという内容で、セミナーを聞いた人は、みんな納得していました。
というか、知らなかった為に、損をしている人が多いのではという内容です。

 

セミナーに参加する価値は十分にあったという内容でしたので、ご興味のある方は、ぜひセミナー日程をご確認ください〜。

≫金トレ塾 セミナー日程

 

ここから下は、資料的なメモです〜

日本人の金融知識

日本人の金融知識(ファイナンシャルリテラシー)は、アジアの中で日本は最下位・・
なんと14位。日本人は、お金が欲しいのに、投資であったりの金銭感覚が乏しいのです。

 

日本人のお金の置き所。

日本人が主に置いている場所は、現金や預貯金。51.5%
アメリカは、株式などの投資。52.6%。

 

アメリカ、イギリスはここ20年間で、3倍くらいに資産が増えているのに、日本は・・・

 

アメリカ、イギリスは高校生くらいまでに金融知識の勉強があるのに、日本の学校では教えてくれないのです。

 

日本は、「労働して稼ぎ、コツコツと銀行に貯金する。」
でも、日本の銀行金利は、0.001%。

 

1970年代、1980年代は、12%くらいの金利があった時期がありました。
その頃は、貯金をする意味があったのですが・・

 

その頃なら、30歳の時点で、500万円を60歳まで預けると、3000万円くらいになりました。
今は、501万円にしかならないです・・

 

税金は上がります!

プライマリーバランスが崩れています。

 

日本の借金問題・・1100兆円越え。
税収は、これから上がっていきます。

 

今年の1月から出国税など。10月からは、消費税が10%に。
今後、富裕税、スマホ税などの案まで出ています。

 

日本が世界一の借金大国という話を知っている人は多いかと思いますが、、

 

実は、日本はギリシャよりも借金大国なのです。

 

日本とギリシャの借金の違いは、、

 

日本の借金の90%は国民のお金。
ギリシャの借金は、90%が国外の借金。

 

そして、日本は破綻しません。
なぜなら・・

 

少子高齢化

経済成長に必要なことは、人口増加!
人が増えれば経済で回るお金が増えるので、景気が良くなります。
住宅や、自動車など。

 

日本は1年で40万人づづくらい人口が減っています。

 

年金問題

1940年生まれ:+3090万円
1945年生まれ:+1770万円
1950年生まれ:+1770万円
1955年生まれ:+210万円
1960年生まれ:−260万円
1965年生まれ:−660万円
1970年生まれ:−1050万円
1975年生まれ:−1380万円
1980年生まれ:−1700万円
1985年生まれ:−1980万円
1990年生まれ:−2240万円
1995年生まれ:−2460万円
2000年生まれ:−2610万円
2005年生まれ:−2740万円

 

これを見ると年金を払いたくなくなりますが、、
今後、年金を支払わない状態を続けると、財産の差し押さえも。

 

年金に関しては、もう、考え方を、もらえるものではなく、払うものと考える必要がありそうです。税金と同じですね。