お金に働かせずに、自分ばかりが働いていると要注意!

ほとんどの人は、自分が仕事をしてお金を稼いでいると思います。
しかし、その稼いだお金はただ置いてあるだけなのでしょうか?
時分ばかりが働くのではなく、お金にも働かせるようにしなければ、いつまでも現状維持に留まるでしょう。
お金を働かせるというのはどういうことか、解説していきます。

お金持ちほどお金を働かせている

世の中でお金持ちといわれる人はほんの一握りで、ほとんどの人はそう言われる立場ではありません。
その違いは、どういったところから生まれるのでしょうか?

 

お金持ちといわれる人が、汗水たらして働いていることはまずないでしょう。
大企業の社長も、朝早くから夜遅くまで仕事しているということはまずありません。
重要な契約などを結ぶ際は出番がありますが、その時以外はゆったりとした時間を過ごしていることが多いでしょう。

 

あくせく働いているのは、お金持ち以外の人です。
毎日朝から晩まで働いても、その代価として受け取るのは生活を維持するためのお金より少し多いだけの金額なので、お金持ちになれるという訳ではありません。
どれだけ懸命に働いてお金を貯めても、それだけではお金持ちにはなれないのです。

 

お金持ちほど労働時間が短くなりますが、それでも懸命に仕事をしている人よりも多く稼いでいます。
そのお金は、どうやって稼いでいるのでしょうか?

 

それは、自分で働くだけではなく、お金を働かせているのです。
お金というのは、ただ大切にしまっているだけでは増えるものではありません。
お金を外に出して働かせることで、更にお金は増えていくのです。

 

お金を外に出すということは、一時的にお金が減ることでもあります。
そのことを嫌がる人は、お金を働かせることが出来ません。
しかし、それではいつまでたってもお金は効率よく増えていかないのです。

 

といっても、お金を働かせるというのが具体的にどういったことなのか、それがわからなければどうにもならないでしょう。
お金を働かせるというのがどういうことなのか、考えてみましょう。

 

お金を働かせるとは?

お金を働かせるというのは、お金を費やしてより多くのお金を生み出すということです。
その方法には、大きく分けて3つあります。
それは、人に対して使う、企業などを経営する、投資をするという方法です。

 

人に使うというのは、お金を支払うことで他の人に小規模な仕事を依頼して、それによってお金を得るということです。
例えば、アフィリエイトによる収入を得るために、ブログの記事を他の人に依頼するなどがこれに当てはまります。

 

これは、収入が大きくなるにつれてブログの記事を増やしていき、さらに収入の増加を目指す事ができます。
最初は自分の力で始めることが出来ますが、一人の力だけでは限界があるので、他の人の力も使うことでより大きくすることができます。

 

企業の経営は、会社を立ち上げるかどこかの企業を買い取る、又は経営に参加できるような大株主になるという形でお金を使うということです。
企業も結局は人が動かすものではありますが、その人の成果物を利用して自分の利益とするのではなく、企業としての利益の一部を自分のものとするという点で異なります。

 

人を使ってお金を集めるには発想が大切となるのですが、企業の経営という形であればイメージはしやすいのではないでしょうか。
ただし、企業を対象とするのであれば当然ながら必要な資金も多くなるので、これは最初のお金の働かせ方としてはハードルが高いでしょう。

 

どちらかといえば、他の方法でお金を働かせて十分な利益を得た結果、企業の経営に参加するという形になるでしょう。
つまり、企業の経営というのはお金を働かせる方法の中でも最終形といえるような使い方となるのです。

 

3つ目の方法となる投資は、お金の働かせ方としては最もポピュラーといえるでしょう。
投資の対象となる金融商品は様々で、株やFX、先物取引などが一般的ですが、国債やソーシャルレンディングなども投資の一種です。

 

また、自分で運用するのが難しい場合は、投資信託という選択肢もあるでしょう。
お金を預けておき、運用結果に応じてリターンを得られるので、サラリーマンなど普段は相場の様子を見るのが難しい人でも投資をしやすいというメリットがあります。

 

投資の場合は、上記2つの方法と比べて少ない資金から始めることが出来ます。
株は10万円もあれば始められますし、FXの場合は数千円からでも投資が可能です。
これからお金を働かせる様にしようと思っているものの、まだ資金が少ない人にはちょうどいいでしょう。

 

ただし、投資はマイナスになる可能性があります。
その可能性をゼロにすることはできませんが、しっかりと投資について学んでから行えばその可能性をかなり低くすることが出来ます。
そのためには、セミナーなどできちんと知識を身に着けてから投資しましょう。

 

まとめ

お金持ちというのは、自ら働くのではなくお金を使うことで、さらに大きなお金となって戻ってくるようにお金を働かせています。
お金を働かせる方法にはいくつかありますが、その中でも始めるためのハードルが低いのは投資でしょう。
少ない資金から始めることが出来るのですが、その勝率を高くするためには投資を始める前にセミナーへと参加して、投資のやり方を学びましょう。